〒640-8331 和歌山県和歌山市美園町5丁目3-1 雑村ビル2階D
JR和歌山駅西口より徒歩3分/駐車場:コインパーキング徒歩5分圏内に6箇所有り

  日祝
10:00~12:30

14:00~20:00

△:土曜 13:00~20:00

お気軽にご予約・お問合せください

073-425-7370

これで解決!腰痛は冷やす?温める?の使い分けとは

腰痛,冷やす,温める

腰痛温める方が良いですか?冷やす方が良いですか?」 という質問をよく受けます。

初めて腰痛になったばかりだと、どうしたらいいのかわからないですよね。

温めるか冷やすかの2択ですが、間違えると腰痛を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

今回は腰痛には、「温・冷」どう使い分けたらよいかを解説します。

こんな腰痛の時は?冷やすか温めるかの使い分け

腰痛,冷やす

炎症系の痛みには冷やす

運動や作業などでの急な動きや激しい動きで、筋肉痛のように痛みがある。

または、ぎっくり腰など痛みが強く、ズキズキとした拍動性の痛みは、筋肉に炎症が起きていますので冷やす方が良いです。

炎症のときにも温めるという考え方もありますが、一般の方向けではないので冷やす方が良いです。

それでは温めるのはどんなときでしょうか。

  • 座りっぱなし、立ちっぱなしなどあまり動かさないことによる血行不良
  • 精神的な緊張
  • 寒さや冷えによる血流不足

症状としては、重だるい痛みやだるさです。

このように症状に合わせて使い分けると失敗が少ないです。

ちなみに湿布の温かい冷たいは感じ方の違いなので、実際に温めたり冷やしているわけではありません。

貼って気持ちの良いと感じられる方で良いです。

腰痛が温める・冷やすで良くならない場合は?

腰痛,冷やす,温める

慢性的な疲労状態の腰痛

それは、腰への負担が日常的にあるため、腰の筋肉が慢性的な疲労状態だからです。

治っていく力 < 腰への負担』になっているので、腰痛が慢性化しています。

こうなってしまうと、なかなか腰痛を改善することはできません。

普段の生活でよく繰り返してしまう姿勢や動作が、腰痛を癖のようにしてしまっているからです。

腰痛に対しては、腰に負担をかけている原因に対して施術やセルフケアを継続的に行っていくことが必要です。

当院では、整体で体のバランスの乱れを調整し、鍼灸で緊張した筋肉を緩め血液循環を改善します。

「最近、腰痛が続いている」「治まってもまた腰が痛くなる」というような状態でお困りなら、それは腰痛が癖になっている可能性が高いです。

一度専門家に診ていただくことをお勧めします。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

073-425-7370

受付時間:月・火・木・金曜 10:00~12:30、14:00~20:00/水曜 10:00~13:00/土曜 13:00~20:00
定休日:日曜・祝日

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

073-425-7370

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/04/28
開院から11年になりました
2021/05/01
腰痛コラムを更新しました

アクセス・受付時間

住所

〒640-8331
和歌山県和歌山市
美園町5丁目3-1 雑村ビル2階D

アクセス

JR和歌山駅西口より徒歩3分/駐車場:コインパーキングが当院まで徒歩5分圏内に6箇所有り

受付時間
 
午前
午後

月・火・木・金曜 10:00~12:30、14:00~20:00/水曜 10:00~13:00/土曜 13:00~20:00

定休日

日曜・祝日