〒640-8331 和歌山県和歌山市美園町5丁目3-1 雑村ビル2階D
JR和歌山駅西口より徒歩3分/駐車場:コインパーキング徒歩5分圏内に6箇所有り

  日祝
10:00~12:30

14:00~20:00

△:土曜 13:00~20:00

お気軽にご予約・お問合せください

073-425-7370

新型コロナワクチン接種後に腰痛が悪化したのはなぜ?

腰痛,原因,ソファ

コロナワクチンの接種後に発熱、関節の痛みとともに腰痛が起こる例が報告されています。

これは皆さんもご存知のように接種による副反応の一つです。

多くの場合2,3日でその症状は治まってきます。

しかし、中には1週間たっても腰痛がつらいと訴えて来院される方もあるのです。

なぜ接種によって腰痛が悪化したり、長引いたりしているのでしょうか?

今回はその原因と対策について解説します。

新型コロナワクチン接種後の副反応と腰痛

腰痛,コロナワクチン接種

副反応の症状と割合

コロナワクチン接種後の副反応には次の表のような症状が見られます。

腰痛は筋肉痛や関節痛と関係しているとみられますが、長引く腰痛はそこが原因ではありません。

もともと腰痛持ちだったり、以前腰痛があって治まっていた方がワクチンをきっかけに悪化してしまうケースが見られます。

1つは寝返り回数の減少です。

接種後に腕の痛みが強いと、痛い方を下にして寝ることができません。

そのため、寝返りできずに腰に負担がかかります。

もう1つの原因は長時間寝込むことです。

発熱で寝込んでしまうと寝ている時間も長くなり、動かないため腰に負担がかかって腰痛を起こしやすくなります。

熱が下がり日常生活に復帰したときに腰痛があると、仕事や家事に影響が出てしまうので困ってしまいますよね。

新型コロナワクチン接種後に起こる腰痛への対策

今起こっている腰痛が湿布を貼ったり、温めたりして治まるようでしたら、まずはご自身でそのように対処してください。

ただ腰痛が起きて1週間以上も続いている場合には、腰痛を起こしている原因と向き合うことが大切です。

痛み自体は筋肉の緊張が強く、血流が悪くなっていることで起きています。

腰に負担をかけてしまっている原因には、身体のゆがみ、バランスの崩れ、冷えなど様々です。

コロナワクチン接種後に腰痛が起きたり、長引いたりしてお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

073-425-7370

受付時間:月・火・木・金曜 10:00~12:30、14:00~20:00/水曜 10:00~13:00/土曜 13:00~20:00
定休日:日曜・祝日

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

073-425-7370

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/10/12
腰痛コラムを更新しました
2021/10/12
腰痛コラムを更新しました

サイドメニュー

アクセス・受付時間

住所

〒640-8331
和歌山県和歌山市
美園町5丁目3-1 雑村ビル2階D

アクセス

JR和歌山駅西口より徒歩3分/駐車場:コインパーキングが当院まで徒歩5分圏内に6箇所有り

受付時間
 
午前
午後

月・火・木・金曜 10:00~12:30、14:00~20:00/水曜 10:00~13:00/土曜 13:00~20:00

定休日

日曜・祝日